GBS日暮里整骨院|骨盤矯正・腰痛・頭痛・めまいなど(平日20時まで・土曜診療)

GBS日暮里整骨院  ホームに戻る

お気軽にお問い合わせください。WEBからは24時間いつでもOK!
ご予約
050-5264-5273
お問合せ
03-3803-3343

[月〜金] 9:00〜12:30 / 15:00〜20:00
[休診日] 日・祝 ※土曜は9:00〜14:00

ご予約はこちら 24時間受付

アクセス

【所在地】
〒116-0013
東京都荒川区西日暮里2-30-1

【電車で】
JR日暮里駅より徒歩約5分。/平日は20時まで

診療について

診療時間 
 9:00~12:30
15:00~20:00
  土
9:00~14:00
休診日
日祝

ぎっくり腰

2019年7月29日
ぎっくり腰
最近、ぎっくり腰が増えてきています。そもそもぎっくり腰とはどういうことか説明していきます。 ぎっくり腰とは ぎっくり腰と聞くと、動けないくらい痛みの伴う腰痛のイメージが多いですが、簡単に言うと急に起きた腰痛をすべてぎっくり腰といいます。なので、生活に支障のない程度の腰痛でも、急に起きればぎっくり腰と言えます。ぎっくり腰は筋緊張が強いなか、不意な動作により、牽引・捻転が引き起こされ、筋肉が負荷に耐えられなくなってしまったことによる捻挫です。 ぎっくり腰の程度 捻挫にも程度があり、3段階で分かれています。 1度 筋肉の微細損傷 生活に支障は出ず、動作時に痛みが気になる程度 2度 筋肉の損傷   生活に支障あり。動作時に大きく痛みが出てしまい、起きてるのが辛いレベル 3度 2度+関節のズレ 歩くことすらままならないレベル。腰に安定性が無く、動けない。 ぎっくり腰の応急処置 ぎっくり腰になった場合、よくお風呂に入って温める方が多いですが、絶対NGです。温めることで痛みを紛らわせることが出来ますが、患部が急激に炎症を起こしているので、まず冷やさないといけません。急性期に温めるという行為は、火に油を注ぐ行為です。炎症期を過ぎれば、温めていただいても構いませんので、急性期は必ず冷やしてください。 痛みが出てしまった場合は、早期の処置が重要となります。 万が一なってしまった場合は、すぐ近くに医療機関に相談しましょう!

GBS日暮里整骨院に お気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちら 24時間受付
ご予約
050-5264-5273
お問合せ
03-3803-3343

〒116-0013 東京都荒川区西日暮里2-30-1

JR日暮里駅より徒歩約5分。/平日は20時まで


診療時間
 9:00~12:30
15:00~20:00

土曜の診療時間に関して保険診療は14:00 自費のご予約の場合16:00迄です

   [休診日]   日・祝

PAGE TOP