GBS日暮里整骨院|骨盤矯正・腰痛・頭痛・めまいなど(平日20時まで・土曜診療)

GBS日暮里整骨院  ホームに戻る

お気軽にお問い合わせください。WEBからは24時間いつでもOK!
ご予約
050-5264-5273
お問合せ
03-3803-3343

[月〜金] 9:00〜12:30 / 15:00〜20:00
[休診日] 日・祝 ※土曜は9:00〜14:00

ご予約はこちら 24時間受付

アクセス

【所在地】
〒116-0013
東京都荒川区西日暮里2-30-1

【電車で】
JR日暮里駅より徒歩約5分。/平日は20時まで

診療について

診療時間 
 9:00~12:30
15:00~20:00
  土
9:00~14:00
休診日
日祝

運動中の捻挫はGBS日暮里日暮里整骨院

2018年8月31日
運動中の捻挫はGBS日暮里日暮里整骨院
GBS日暮里整骨院の小林が更新していきます。 運動中の捻挫は、周りで怪我をしたことがある方や自分も体験したことがある方もいるかと思います。 そこで、運動中の捻挫の原因と対処法を説明していきます。  

運動中の捻挫はなんで起こるの?

運動中の捻挫が起こる原因は部位によって変わりますが、バランスを崩して捻ってしまったり、 着地時に捻ってしまったり、躓いて捻ってしまったりと原因は様々です。  

運動中の捻挫が起きたらどうすればいい?

運動中の捻挫に関わらず、捻挫をしてしまったらまずは冷やす事が大切です。 氷水でしっかり冷やします。この冷やすか冷やさないかで腫れの具合がかわります。 腫れを酷くしないためにも初期の対応をしっかり行いましょう。  

運動中の捻挫は整骨院でみてもらえる?

運動中の捻挫は私たちの専門分野です。 運動中の捻挫を軽いものと判断される方がいますが、それは大きな間違いです。 捻挫も適切な処置をしなければ再発の原因になり、その後腰痛や膝の痛み等の原因にもなります。  

運動中の捻挫はどのような処置をしてもらえるの?

運動中の捻挫は日暮里、西日暮里、鶯谷、三河島エリアのGBS日暮里整骨院では、 患部を冷やし、しっかり包帯を使って固定します。 サポーターだと、どうしても患者さんの足の形や状態の適切な処置が出来ないため、 患部にフィットするように包帯を利用します。 きちんと固定できていれば運動中の捻挫も早期回復する為、競技への復帰が早くなります。  

運動中の捻挫はくせになる?

運動中の捻挫は早期に適切な処置ができていれば、再発の防止ができるので癖になりにくいです。 あとは、捻挫しにくい足の形をつくるように治療していけば、くせにはなりにくくなります。運動中の捻挫に悩み、運動中の捻挫の再発で悩んで来られる患者さんは多くいます。    

GBS日暮里整骨院に お気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちら 24時間受付
ご予約
050-5264-5273
お問合せ
03-3803-3343

〒116-0013 東京都荒川区西日暮里2-30-1

JR日暮里駅より徒歩約5分。/平日は20時まで


診療時間
 9:00~12:30
15:00~20:00

土曜の診療時間に関して保険診療は14:00 自費のご予約の場合16:00迄です

   [休診日]   日・祝

PAGE TOP