GBS日暮里整骨院|骨盤矯正・腰痛・頭痛・めまいなど(平日20時まで・土曜診療)

GBS日暮里整骨院  ホームに戻る

お気軽にお問い合わせください。WEBからは24時間いつでもOK!
ご予約
050-5264-5273
お問合せ
03-3803-3343

[月〜金] 9:00〜12:30 / 15:00〜20:00
[休診日] 日・祝 ※土曜は9:00〜14:00

ご予約はこちら 24時間受付
  • 施術項目

  • 痛みの部位から探す

  • その他の症状

  • 院情報

  • GBS日暮里整骨院SNS

    GBS日暮里整骨院Facebook

  • 分院「一心駒込整骨院」

    一心駒込整骨院

    東京・駒込にある当院の分院「一心駒込整骨院」です。

  • 分院「GBS千駄木はりきゅう整骨院」

    GBS千駄木はりきゅう整骨院

    東京・千駄木にある当院の分院「GBS千駄木はりきゅう整骨院」です。

  • アクセス

    【所在地】
    〒116-0013
    東京都荒川区西日暮里2-30-1

    【電車で】
    JR日暮里駅より徒歩約5分。/平日は20時まで

    診療について

    診療時間 
     9:00~12:30
    15:00~20:00
      土
    9:00~14:00
    休診日
    日祝

    よくある質問

    患者様からの問い合わせの中で、比較的多い問い合わせ内容をまとめております。
    お問い合わせされる前に一度、ご確認ください。

     

    通院や整骨院に関して

    整骨院と接骨院の違いは何ですか?

    整骨院と接骨院の違いはありません。名称の違いだけです。柔道整復師という国家資格の免許を持った者が開業できます。

    怪我をしても通ってもいいんですか?  

    整骨院は、怪我や骨折・脱臼・打撲・捻挫・挫傷・外傷等を治療する場所です。
    よくあるケースですが、家族が骨折をしてしまったのだが何処に行けばよいかという質問を受けます。 私たちは専門学校で骨折や身体の解剖・生理学などを学び、柔道整復師という国家資格の 免許を取得していますので、安心してご相談ください。

    骨折をしても診てもらえますか?

    一度、来院して頂き、症状を診させていただきます。
    何処の部分を骨折したかにもよりますが、通常であれば、当院からレントゲンが 撮れる施設を紹介し、診断を受けていただき、当院にて治療をいたします。 骨折・脱臼の場合は、先に当院で骨を整復した後、病院で見て頂くこともあります。

    病院でなくても平気ですか?

    大丈夫です。現在も多数お怪我の患者さんが通院しています。
    もちろん、整復の難しい箇所や骨折では病院で手術する場合もあります。 ただ、患者さんとコミュニケーションをとりながら早期治療に当たることが、 治りの早さに大きく影響することを経験しています。

    捻挫をしましたが診てもらえますか?

    大丈夫です。捻挫は経験上、本当にしっかり治療された方が良い場所です。
    歩行で足を付く角度が変わってしまったり、荷重出来なくなるため腰痛や膝痛になりやすくなります。 また、膝や腰など各関節は気付かないうちにストレスにより捻挫している場合も ありますのでご相談ください。捻挫を放っておいて、後から膝の痛みや、 腰の痛みが出る方が多いので早期の治療をおすすめします。

    肩こりは治りますか?また、保健は使えますか?

    基本的に肩こりや慢性疾患には保健は使えません。
    「肩こり」という言葉が一般的に使われていますが、肩こりという言葉自体、 医療業界では使われません。まず、症状を診させていただくと、首の骨のズレがあったり、 肋骨のズレがあったり症状的に治療が必要な方がほとんどです。当院は自費の診療も しており、保健を使わずに治療する患者様が多く来院されています。

    会社の帰りにスカートで行っても治療できますか?

    大丈夫ですよ。女性用の短パンを用意しています。
    必要であればTシャツも貸し出しています。当院は何処を痛めているか、 しっかり検査をして治療に入りますので、男性でもジーパンやスーツの方は、 治療着に着替えていただいています。

    ガードルを履いていても治療できますか?

    痛めた箇所にもよりますが基本的にはガードルを脱いで来院いただくか、 当院の治療着に着替えていただきます。

    健康保険組合から手紙が来て、接骨院・整骨院で保険が使えないようなことが書いてありましたが大丈夫ですか?

    痛みがあって来院し、当院が保険適用と判断、治療した場合は何の問題もありません。ご面倒ですが用紙が来た場合は、当院にお問い合わせ頂ければ大丈夫です。

    交通事故で現在整形外科に通院していますが、整骨院で治療できますか?

    はい、問題ありません。何処で治療するかは患者様本人が決めることです。
    転院する場合は保険会社に連絡していただければ大丈夫です。
    ただ、重篤な事故の場合や、ひどいムチウチ症状の場合は、病院で検査をしながら治療をした方がよいと思われます。

    バランスを診てほしい場合は、保険は使えますか?

    バランスの診断・顎関節症・小顔矯正やヘッドセラピー(頭がい骨矯正)・産後産前の骨盤矯正ケアの治療は保険外になり完全予約制になっております。

    妊娠中ですが治療をしても平気ですか?

    痛みを我慢せずに治療をした方がよいと思います。

    仕事が忙しくてなかなか通院できないのですが、どうすればよいですか?

    現在そのような相談が多いように感じています。
    まず治療する環境を作っていただく必要があります。治りが悪い方の例をあげると、

    1. 仕事がハードで忙しい
    2. 痛くなる
    3. 治療する
    4. 少し良くなる

    この1~4の繰り返しの悪循環をたどっている様に思います。
    内科疾患でも同じですが、痛みの根本を治していくには時間がかかります。 忙しい中でもお時間を作って頂き、痛くなってからではなく「この日は治療するんだ」という日をご自身で決めて頂くと治りも早いように思います。
    予約診療をお薦めいたします。

    予約はどれくらい前にすればよいですか?

    2週間前からの予約をお薦めいたします。ぜひお問い合わせください。

     

    困っている症状・痛みに関して

    一日パソコンを使う仕事で、普段は首から右肩にかけての違和感があり、週末になるといつも寝違えた感じになります。(24歳女性/36才男性)

    まずは、職場の環境から問診させていただき、首~骨盤までのバランスを診させてもらいます。 一概には言えませんが、首の骨の配列が真っ直ぐな状態(現在はストレートネックと言います)の人が 増えています。 また、顎関節症など併発していないか、首の骨のズレを治し、 正しい姿勢や環境で仕事が出来るよう指導や治療をいたします。

    ゴルフをしていてテイクバックの時、左肘が痛いんだけど、治りますか?(61才男性)  

    肘は手首と肩にはさまれた、中継地点ですので、肘だけでなく、手首・肘・肩の状態を検査し何処で傷害がおきているか検査し治療します。ぜひご相談ください。

    普段は飲食店でバイトをしていて、家で洗濯物を干す時や、夜寝ていて肩がズキズキと傷みます。 ちなみに病院でレントゲンを撮りましたが「骨には異常なし、四十肩ですね」言われ、 痛み止めを飲んでいますが、なかなか良くなりません。(44才女性)  

    四十肩や五十肩という呼び名はあくまでも通称(あだ名)で、本来は「肩関節周囲炎」といいます。 四十肩、五十肩の区別は夜間痛の有無が、最もわかりやすい基準となります。 痛みの原因としては、腕や肩の使い方や、肋骨をはじめとする上半身のねじれなどがほとんどです。 また、四十肩や五十肩は、ほっておけば良くなると思われがちですが、 すぐに治療をうけずに症状をこじらせて来院される方が多いようです。 ぜひ、お早めにご相談ください。

    小学5年生の息子が野球をしていて肘が痛くなり、レントゲンなどでは異常がないと言われましたが、そちらで治療はしてもらえますか?  

    治療できます。最終的には投球ホームの改善や身体の使い方などを変えていくことが必要になります。痛みの原因としては腕全体の中心軸の乱れ(捻れ)によるものが多く見られます。

    病院でレントゲンを撮り、頸椎に変形があると言われ、左手のしびれが1年以上続いています。薬を飲んでいますが、しびれが緩和しない状態です。(56歳男性)  

    しびれは大変な根治性の症状です。 10年以上治療をしていて思う事は、「変形=しびれ」とはならないケースが多いように感じます。 まず、頚部の動きや手指の検査をして治療をすることが大切です。

    おしりから太ももの外側がしびれていて、整形外科に行き坐骨神経痛と診断されました。現在は痛い所に湿布をしてしのいでいる、治りますか?(65歳男性)  

    足のしびれ、イコール、坐骨神経痛とはなりません。 この患者様の例ですと、問診・検査をしたところ、股関節の強度屈曲から来る大腿神経痛でした。 現在は、あきらめていたダンス・ゴルフ・テニスを元気にされているようです。

    膝に水がたまりやすくなり、歩いたり、立ち上がったりすると痛くて、病院で水を抜いてもまたすぐ溜まってしまうのですが、どうすればよいでしょうか?(68歳女性)  

    この患者様の場合簡単にいえば水が入っている風船に穴が開いてしまっている感じで 炎症が治まらない状態です。膝のお水を病院で抜くと楽になりますが、一度弱った組織を治し お水をたまりにくくするには、やはり固定をした方がよいでしょう。 固定をする事により組織が治り、お水がたまりにくくなります。

    昔バレエをしていて靭帯をいためました。最近、膝がガクッとぬける感じがするのですが、これはもうしょうがないことですか?(32歳女性)  

    膝だけでなく、怪我をした場所がずっと気になっている方が多いですね。 もちろん治療をして改善する方が多くいます。かばって歩く癖なども一緒に改善していくと、 膝がぬけるような事はなくなりますので、ぜひご相談ください。

    階段を下りるときや、歩いたり、立ち上がったりの動作がつらく、痛みがありますが歳だから仕方が無いことでしょうか(82歳女性)  

    最初から患者さんがあきらめていたら、どんな症状も良くなりませんよ。 患者さんがどうしたいかによって、私たちは治療をしていきますので、ぜひご相談ください。 年配の方も、悪くなり始めた場所をしっかり治療する事により、良くなるケースがたくさんあります。

    昔から扁平足で、歩いているとすぐに疲れてしまうのですが、どんな治療がありますか?(48歳女性)  

    扁平足は疲れやすいだけではなく、将来、膝の変形や、股関節にも影響をおよぼし、 痛みに発展してゆく可能性もあります。それぞれの人に足の癖があり、形の違いがあるので、 その方に合わせ少しでも足の形が良くなるように施術をいたします。

    捻挫をして1ヶ月しても痛みが引かないのですが?もう少ししたら良くなりますか?(28歳男性)  

    捻挫は軽く見られがちですが、侮ってはいけません。 靭帯が傷ついたり、伸ばされたまま放置しておくと足の形が変わった状態で、歩き続ける事になります。 1日に片足にのる体重は通算すると何トンにも及び、それが足だけではなく、 腰や背骨にも影響してゆきますので、たかが捻挫と侮らずに、しっかりと治療することをおすすめします。

    仕事柄、ハイヒールで外回りをしています。夜中によく足がつってしまいますが、 何とかなりますか?(26歳女性)  

    ハイヒールは女性を美しく見せるためには、欠かせない道具なのかもしれません。 しかし、身体にかかる負担も見逃してはいけません。 つま先に強制的に全体重をかけてしまいまい、 結果、足のバランスが悪くなり、夜中に足がつったり、猫背の姿勢になり肩がコリやすくなったり しますので、そうなる前に是非ご相談ください。

    GBS日暮里整骨院に お気軽にご相談ください。

    お問い合わせはこちら 24時間受付
    ご予約
    050-5264-5273
    お問合せ
    03-3803-3343

    〒116-0013 東京都荒川区西日暮里2-30-1

    JR日暮里駅より徒歩約5分。/平日は20時まで


    診療時間
     9:00~12:30
    15:00~20:00

    土曜の診療時間に関して保険診療は14:00 自費のご予約の場合16:00迄です

       [休診日]   日・祝

    PAGE TOP