• カレンダーのアイコン ご予約はこちら
  • 電話のアイコン 03-3803-3343

頭痛でお悩みの方へ

  頭痛でよくあるお悩み

  • 気圧が下がると頭がズキズキと痛む

  • 毎日決まった
    時間帯に激しい
    頭痛が起こる

  • 頭が痛む原因がよく分からない

  • 慢性的な
    頭痛から早く
    解放されたい

なかなか改善しない頭痛に悩まされていませんか?

頭痛は多くの方を悩ませる、まさに国民病とも言える症状です。

 

「これまで色々試してみたけど、状態が変わらない」といった場合、
あなたの対処法が間違っている可能性があります。
頭痛はタイプによって、原因やその対策も変わってくるのです。

 

長年の頭痛に悩まれている方は、ぜひこちらのページをお読みください。

「頭痛のタイプ(原因・症状)」「タイプに最適な対処法・予防法」
分かりやすくまとめてあります。

頭痛におすすめのメニュー Recommend Menu

あなたはどのタイプの頭痛でしょうか

明らかな病気のない慢性的な頭痛は、「緊張型頭痛」「片頭痛」「群発頭痛」の3つに分けられます。

タイプによって「身体を動かす・安静にする」「温める・冷やす」など対処法も変わります。
具体的な頭痛対策をみていく前に、まずはあなたの頭痛のタイプをご確認ください。

こちらにて、各頭痛の原因と症状を詳しくご紹介しています。

 

【緊張型頭痛について】

 

緊張型頭痛は、慢性頭痛の中で最も患者数の多いタイプです。
女性の方が割合が多く、働き盛りの年代で発症しやすいと言われています。

●緊張型頭痛の主な原因

緊張型頭痛は首や肩の緊張が強まり、後頭部付近を走る神経(大後頭神経)が圧迫されることで発症すると考えられます。
日常では、次の要因で首の緊張が強まってしまいます。

・デスクワークやスマホ

猫背姿勢は、首が緊張しやすくなります。

顔が前に突き出ていると、頚椎まわりの筋肉が引っ張られてしまうためです。
特にデスクワークやスマホの操作など、長時間同じ姿勢が続くと、緊張がより強まりやすくなっています。

・腕の使いすぎ

腕の疲労によって肩が前方に引っ張られ、首肩の緊張に繋がることがあります。
患部だけではなく、筋膜の繋がりも考えながらケアする必要があります。

・ストレス

ストレスによって交感神経が興奮すると、身体全体が緊張しやすくなります。

●緊張型頭痛の主な症状

・頭全体の締め付けられるような痛み
・数時間〜数日と痛みが続くことがある
・首や肩、背中のハリ感を伴うことがある

緊張型頭痛では、片頭痛のような「日常生活に支障が出るほどの強い痛み」「ズキズキとした拍動性の痛み」「吐き気・嘔吐」といった症状はみられません。

 

【片頭痛について】

 

片頭痛は、若年〜中年の女性に発症しやすいタイプです。

●原因

片頭痛が発症するメカニズムは、まだ解明されていません。
しかし現在では、次のような原因が考えられています。

・血管説

血管の急激な拡張から周辺の三叉神経が刺激され、片頭痛に繋がるという考えです。
片頭痛は頭を動かすと痛みが誘発されやすいのですが、次のようなメカニズムが考えられます。

①重心が傾く
②脳も傾きがでて、片側がすかすかになる
③隙間を埋めるために血管が太くなる

・ホルモン説

更年期や出産後など、女性ホルモン(エストロゲン)の急激な低下が、片頭痛に関与すると考えられます。
エストロゲンの減少でセロトニンの神経機能が低下し、脳の血管が拡張してしまうためです。

・ストレス説

ストレスによって三叉神経が刺激され、片頭痛が起こるという考えです。
また、ストレスから解放されたタイミングで脳の血管が拡張し、三叉神経の刺激に繋がる場合もあります。

●片頭痛の主な症状

・頭の片側に起こる拍動性の痛み
・頭の両側が痛むこともある
・日常生活に支障が出るほどの強い痛みになることが多い
・吐き気や嘔吐を伴うことがある
・頭を傾けると痛みが悪化しやすい
・光や音、匂いといった刺激に敏感になる
・閃輝暗点と呼ばれる、前兆症状がみられる場合がある

※閃輝暗点:突然視野の中にギザギザとした光が見える現象

 

【群発頭痛】

 

群発頭痛は、若い男性に発症しやすいタイプです。

しかし、患者数自体は多くありません。

●群発頭痛の主な原因

群発頭痛が起こるメカニズムは明らかになっていません。

しかし、片頭痛と同様「三叉神経への刺激」が原因に考えられています。

日常では、次の項目が群発頭痛の引き金として挙げられます。

・不規則な生活
・過度なアルコール
・タバコ
・気圧の変化

●群発頭痛の主な症状

・片方の目の奥に起こる激しい痛み(目の奥をドリルでえぐられるかのような痛み)
・鼻水、鼻づまり、目の充血を伴うことがある
・1〜2か月ほど続く群発期になると、毎日同じ時間帯に痛みが生じる
・群発期以外では痛みは生じない

タイプ別に行える頭痛対策

あなたを悩ませる頭痛は「緊張型頭痛」「片頭痛」「群発頭痛」のどちらに当てはまりましたか?

こちらでは、タイプに合わせた頭痛の対処法・予防法をご紹介します。
簡単に行えるものになるため、ぜひ今日から日常に取り入れてみてください。

 

【緊張型頭痛】

 

●対処法

筋膜を柔らかくするため、肩甲骨や腕のストレッチを行いましょう。

・肩甲骨のストレッチ

椅子に座り、背中側で指を組みます。
頭を後方に傾け、息をゆっくりと吐きながら、両腕を後ろに引いていきましょう。

・腕と指のストレッチ

指を反らす方向にストレッチを加えましょう。
また、手首を反らすストレッチも有効です。

●予防法 ・長時間同じ姿勢をとらない

同じ姿勢が続くと、首まわりの緊張が強まります。
時間を区切って5分程度の休憩を入れ、「軽く歩く」「ストレッチをする」など、こまめに動くようにしてください。

・画面を見すぎないようにする

パソコン画面を注視すると、顔が前に出やすくなります。
背中を伸ばし、リラックスした状態で画面を見るようにしましょう。

 

【片頭痛】

 

●対処方法・予防法

・めまいがある場合は冷やす

血管の拡張を抑えるため、首やこめかみをアイスノン氷水で冷やしてください。

・安静にする

片頭痛は身体を動かすと痛みが悪化する場合があります。
照明を落とした静かな部屋で、ゆっくり休みましょう。

 

【群発頭痛】

 

●対処法

・首肩まわり冷やす

三叉神経の炎症を抑えるため、首肩まわりをアイスノン氷水で冷やしてください。

・安静

三叉神経への刺激を抑えるため、安静にすることをおすすめします。

●予防法

・首頭あたりを温めないようにする

痛みが強い時期は、三叉神経の炎症を悪化させないよう、湯船に浸かった入浴は控えましょう。

・生活リズムを整える

不規則な生活習慣は、脳へのストレスになります。
寝る時間、起きる時間を一定にして、生活リズムを整えましょう。

GBS日暮里整骨院の【頭痛】アプローチ方法

頭痛は、原因も血管説・神経説・ホルモン説・ストレス説・三叉神経説などなど様々な説があります。

現代では、パソコンや携帯電話など過剰に光を浴びる機会が多くなりました。
生活環境についても常に忙しく緊張状態が続き偏頭痛を起こす人が増えていると考えています。

まず当院では顎の関節や、口の中のアンバランス頭部顔面部・頸椎などを検査していきます。
そして主に、当院では三叉神経節による痛みにアプローチしていきます。

また、緊張性頭痛の場合は、首からではなく背中や腕から確認していきます。

筋肉の表面には、筋膜という薄い膜があるのですが、頭についている筋膜(頭蓋膜)は首や背中や腕、手までつながっているので そこから施術していきます。

頭痛を改善するためには、手や腕、背中、首と頭蓋膜のすべてが施術できる頭痛緩和、改善コースがおすすめです。

著者 Writer

著者画像
院長:富田成彦(トミタナルヒコ)
【所有資格】 柔道整復師 KATs‘Proトレーナー
【血液型】 A型
【出身】 福岡県福岡市
【趣味】 ラーメン巡り
【得意な施術】 首の施術、手の施術

▼ご来院される患者様へ一言
痛みのない生活が送れるように全力でサポートいたします!
 
   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:GBS日暮里整骨院
住所〒116-0013 東京都荒川区西日暮里2-30-1
最寄:JR日暮里駅より徒歩約5分
駐車場:なし
                                                                   
受付時間
9:00〜
12:20
9:00〜
14:00
- 9:00〜
14:00
15:00〜
19:20
- - -
定休日:日曜日

【公式】GBS日暮里整骨院 公式SNSアカウント GBS日暮里整骨院ではInstagram・LINEを運用中!

【公式】GBS日暮里整骨院 公式SNSアカウント GBS日暮里整骨院ではInstagram・LINEを運用中!

【公式】GBS日暮里整骨院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中