• カレンダーのアイコン ご予約はこちら
  • 電話のアイコン 03-3803-3343

膝の痛みでお悩みの方へ

  膝の痛みでよくあるお悩み

  • 運動後にいつも膝が痛くなる

  • 歩き始めに膝のこわばりがある

  • 膝の痛みの
    予防法を
    知りたい

  • 階段の
    昇り降りが
    つらい

膝の痛みは幅広い年代でみられます

膝の痛みといえば、主に高齢者を思い浮かべるのではないでしょうか?

 

しかし、激しいスポーツをしていたり、仕事で足に負担がかかっていたりする場合は、
若い方でも膝を痛める場合があります。

 

膝は体重を支える重要な関節です。
歩行や立ち上がりなどの日常動作に支障が出ないよう、
早めの改善を目指しましょう。

 

こちらのページでは、膝が痛くなる原因と対策(対処法・予防法)を
ご紹介しています。

膝の痛みにおすすめのメニュー Recommend Menu

膝に痛みが生じる主な原因

膝が痛くなる原因はさまざまあり、対処法も変わってきます。
痛みに対する適切な処置ができるよう、こちらで膝痛の主な原因をみていきましょう。

加齢によるものが多く傾向がございますが、使いすぎによる痛みもあります。
ご自身に当てはまるものがないか、1度ご確認ください。

 

【膝の構造】

 

膝は大腿骨(太ももの骨)脛骨(すねの骨)膝蓋骨(膝のお皿)の3つの骨から構成された関節です。
歩く、立ち上がる、しゃがむといった日常動作時に、体重を支える役割があります。

膝に痛みを起こす原因には、次のものが挙げられます。

 

【変形性膝関節症】

 

関節軟骨の磨耗によって、関節内に炎症を起こしたものです。

●原因

年齢を重ねるほど、関節軟骨の弾力性が低下するため、主に「加齢」が原因に考えられます。
その他、次のような要因で、軟骨が磨り減りやすくなります。

・体重の増加
・大腿四頭筋(太もも前側の筋肉)の筋力低下
・筋肉の柔軟性の低下
・アライメントの崩れ(O脚・X脚) など

●症状

・初期

立ち上がりや歩き始めなど、動作の開始時に軽い痛みやこわばりを覚えることがあります。
しかし休憩すると、痛みは取れやすくなっています。

・中期

歩行階段の上り下りなど、常に痛みが続くようになります。
休憩をとっても、痛みがなかなかとれません。

炎症が強まり、膝が腫れたり、水が溜まったりすることもあります。

・末期

膝の強い痛みによって、歩くしゃがむなど日常動作に支障が現れるようになります。
変形が進行し、膝が曲げ切らない、伸びきらないといった、可動域の制限も出やすくなっています。

 

【運動】

 

スポーツによる使い過ぎによって、膝を痛めることがあります。

●オスグット

脛骨粗面(膝下の出っ張り)に痛みや腫れを生じたものです。
大腿四頭筋(太もも前の筋肉)の柔軟性が低下し、脛骨粗面に牽引力が働くことで発症します。

ジャンプやダッシュ、サッカーのキック動作などの繰り返しによって、成長期の子どもに起こりやすくなっています。
運動中の痛みや、筋出力の低下が主な症状です。

●腸脛靭帯炎

過度なランニングによって、腸脛靭帯(太もも外側にある長い靭帯)と膝外側の骨がこすれ合い、炎症を起こしたものです。
別名「ランナー膝」とも呼ばれています。

運動中、運動後の膝外側の痛みが主な症状です。

●鵞足炎

膝の内側下方に痛みや腫れを起こしたものです。
過度なランニングによって、縫工筋、半腱様筋、薄筋の腱が擦れ、炎症が起こると考えられます。

運動中の膝内側の痛みつっぱり感などが主な症状です。

 

【長時間の立ち姿勢】

 

骨や関節自体には異常がなくても、神経の圧迫によって膝の痛みを生じている場合もあります。
過度な運動長時間の立ち姿勢など、太ももの緊張が強まっていると発症しやすくなります。

上記の原因以外にも、急性の外傷(半月板・膝関節靭帯損傷)関節リウマチ(関節に炎症が起こる病気)によっても、膝の痛みを生じることがあります。

原因ごとに行える膝痛への対処法

こちらでは「変形性膝関節症」「運動」「長時間の立ち姿勢」の原因ごとに行える対処法をご紹介します。

膝痛を起こさないよう、普段からの予防も怠らないようにしてください。
骨・軟骨は一度痛めると修復できなくなります。 早めのケアを心がけましょう。

 

【膝の痛みの対処法】

 

●変形性膝関節症

・正しい位置で歩く

歩行時にガニ股だったり、膝が内側に入っていたりすると、膝に負担がかかりやすくなります。
「つま先を進行方向に向ける」「接地時に膝が内側に入らないようにする」の2点を意識して歩くようにしましょう。

・整骨院へ行って症状の改善を目指す

早い段階で整骨院に行き、専門的な処置を受けてください。
手技や物理療法(電気・超音波)などで、患部の治癒力を高められます。

●変形性膝関節症が原因の場合の対処法

ストレッチによって、「股関節」「膝まわり」の緊張を緩めましょう。

・太もものストレッチ

膝を曲げてかかとをお尻につけた状態で、上半身を後ろに倒す「太もも前側のストレッチ」
膝を伸ばして、上半身を前に倒す「太もも裏側のストレッチ」

上記の2種類が有効です。

・お尻のストレッチ

床に座り、片膝を立てます。
立てた膝の上に反対側の外くるぶしを乗せ、上半身を前に倒していきましょう。

●運動が原因の場合の対処法

炎症を抑えるため、患部をアイシングしましょう。
また痛みが強い場合は、運動量を調整するようにしてください。

●長時間の立ち姿勢が原因の場合の対処法

「変形性膝関節症」と同様に、太ももとお尻のストレッチを行いましょう。

 

【膝の痛みの予防法】

 

●正しい位置でしっかり歩く

痛みが出た時だけではなく、普段より正しい位置で歩くように気をつけましょう。
次のポイントを意識してください。

・つま先、膝は進行方向に向ける(ガニ股にならない)
・接地時に膝が内側に入らないようにする
・かかとから着地し、母趾球でしっかり地面を蹴るようにする

●ウォーキング

毎日20〜30分程度のウォーキングを習慣化しましょう。(特に変形性膝関節症の方)
関節軟骨の栄養分とされる滑液は、関節に荷重をかけることで分泌が促進されます。

●ストレッチ

痛みが出た時だけではなく、普段より太ももとお尻のストレッチを継続しましょう。

●片足に重心がかからないようにする

立つ際には、左右バランスよく荷重をかけてください。
骨盤がゆがんでいると重心もずれやすくなるため、日常では「足を組んで座らない」「横座り、アヒル座りをしない」といった点にも気をつけましょう。

●トレーニング

膝のアライメントが崩れないよう、太もも前側の筋力を鍛えましょう。

・膝を伸ばして床に座り、膝下に丸めたタオルを置きます
・タオルを押しつぶすようにして、膝を伸ばします。

上記のトレーニングを10回3セットを目安に行ってください。

GBS日暮里整骨院の【膝の痛み】アプローチ方法

膝の痛みは、「使いすぎの方」「片足に体重がかかりすぎている方」「重心が前にある方」がなりやすいです。
また、太っている方がなりやすいとありますが、体重はそこまで関係なく、太っておなかが出ることによって重心が前になりアンバランスになり痛くなると思います。

当院では、足のどこに重心がかかっているか検査したり太ももの骨とふくらはぎの骨の捻じれなどを確認していきます。

捻じれている状態で使いすぎたりすると筋肉に負担がかかってくるので、膝だけでなく下肢全体を確認していきます。

おすすめのメニューは下半身全体をアプローチするボディケア~匠~コース保険施術です。

著者 Writer

著者画像
院長:富田成彦(トミタナルヒコ)
【所有資格】 柔道整復師 KATs‘Proトレーナー
【血液型】 A型
【出身】 福岡県福岡市
【趣味】 ラーメン巡り
【得意な施術】 首の施術、手の施術

▼ご来院される患者様へ一言
痛みのない生活が送れるように全力でサポートいたします!
 
   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:GBS日暮里整骨院
住所〒116-0013 東京都荒川区西日暮里2-30-1
最寄:JR日暮里駅より徒歩約5分
駐車場:なし
                                                                   
受付時間
9:00〜
12:20
9:00〜
14:00
- 9:00〜
14:00
15:00〜
19:20
- - -
定休日:日曜日

【公式】GBS日暮里整骨院 公式SNSアカウント GBS日暮里整骨院ではInstagram・LINEを運用中!

【公式】GBS日暮里整骨院 公式SNSアカウント GBS日暮里整骨院ではInstagram・LINEを運用中!

【公式】GBS日暮里整骨院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中