• カレンダーのアイコン ご予約はこちら
  • 電話のアイコン 03-3803-3343

坐骨神経痛でお悩みの方へ

  坐骨神経痛でよくあるお悩み

  • 長時間座ると
    お尻が痛む

  • 足の
    指や甲が
    しびれている

  • 坐骨神経痛の
    対処法が
    わからない

  • 坐骨神経痛の
    予防法を
    知りたい

脚に起こる痛みやしびれでお悩みではありませんか?

坐骨神経痛は下肢に起こる、痛みやしびれのことです。

 

中高年の方だけではなく、仕事やスポーツによっては若い方も発症する可能性があります。
症状に対して、どう対処すれば良いか分からない方も
多いのではないでしょうか?

 

こちらのページでは、
坐骨神経痛の主な原因と日常で行える対策を分かりやすくまとめております。
なかなか改善しない坐骨神経痛でお悩みの方は、
ぜひ最後までお読みください。

坐骨神経痛におすすめのメニュー Recommend Menu

坐骨神経痛の原因と症状について

太ももやふくらはぎ、すねなどに起こる痛み、しびれは「坐骨神経痛」が疑われます。
症状に対する適切な対策がとれるよう、こちらにて、坐骨神経痛の主な原因をみていきましょう。

原因には、生活習慣の影響が主に考えられます。
ご自身に当てはまる項目がないか、1度確認してみてください。

 

【坐骨神経痛とは】

 

坐骨神経痛とは、下肢に起こる痛みやしびれ、麻痺などの症状を言います。
坐骨神経痛は何かの病名というわけではありません。

「腹痛」や「頭痛」のように、症状を表した言葉になります。

●坐骨神経とは

腰椎、仙骨から出た坐骨神経は、梨状筋(お尻の筋肉)の下を通って骨盤後面に出ます。
骨盤後面(お尻)から太もも裏側、ふくらはぎ、すね、足裏へと走行していきます。

1mほどある長い神経で、1番太い箇所ではボールペンの直径ほどあるとされます。
その坐骨神経が、何らかの原因で圧迫、刺激されることで、坐骨神経痛が発症します。

 

【坐骨神経痛の主な原因】

 

●腰椎椎間板ヘルニア

椎間板の線維輪に亀裂が入り、中の髄核が後方に飛び出すことで、坐骨神経が圧迫、刺激されたものです。

加齢に伴う椎間板の変性や、重量物の持ち運び、中腰動作などで発症しやすくなっています。

●腰部脊柱管狭窄症

背骨の後方にあるトンネル「脊柱管」が狭くなることで、周辺の坐骨神経が圧迫、刺激されたものです。

加齢による脊柱の変性(椎骨の変形、靭帯の肥厚など)が主な原因に考えられます。

●梨状筋症候群

梨状筋の緊張によって、坐骨神経が圧迫、刺激されたものです。
梨状筋は、野球・ゴルフなど身体を捻るスポーツや、過度なランニング、長時間の座り姿勢などで緊張しやすくなっています。

特に「骨盤のゆがみ」との関連が強くなっています。
身体のバランスが悪くなると、坐骨神経が引っ張られて神経痛を発症してしまうのです。

 

【坐骨神経痛の主な症状】

 

坐骨神経の走行(お尻、太もも裏、すね、ふくらはぎ、足裏)にかけての痛みしびれ力の入りにくさなどが、坐骨神経痛の主な症状です。

痛む場所や、痛みの感覚は患者様によって個人差があります。

・長時間座ると、お尻がズキズキと痛む
・前かがみになると、ふくらはぎがしびれてくる
・長い時間歩くと、太ももが痛くなってくる

などが、症状例に挙げられます。

「排尿障害」「歩行障害」などが起こる場合は重症のため、早めに医療機関に相談してください。

●原因による症状の違い

坐骨神経が刺激されている原因によって、症状が出る動作に特徴があります。

・椎間板ヘルニア

腰部の前屈で症状が強まることがあります。

・脊柱管狭窄症

腰部の後屈や歩行時に症状が強まることがあります。
長い時間歩くと下肢に痛みやしびれが生じ、座って休むと症状が落ち着く「間欠性跛行」は、狭窄症の特徴的な症状です。

・梨状筋症候群

股関節の内旋(内側に捻る動作)によって、症状が誘発されることがあります。
狭窄症は中高年以降の方、ヘルニアと梨状筋症候群は、スポーツや肉体労働をされている若い方に発症しやすくなっています。

坐骨神経痛が疑われる場合の対処法

お尻から太もも、膝下にかけて痛みやしびれが出た場合、どう対処すればよいのでしょうか?

状態を悪化させると、痛みが強まるばかりか、最悪手術が必要になる場合も出てしまいます。
セルフケア専門家の施術を中心に、早めの対策を始めましょう。

こちらでは、坐骨神経痛への対処法と予防法を詳しくご紹介します。

 

【坐骨神経痛の対処法】

 

●医療機関、整骨院に行く

まずはきちんと施術を受けるようにしましょう。

・医療機関

痛みが強い場合、薬や注射に頼ることも有効です。

「痛みが出る→交感神経が興奮し血行が悪くなる→さらに痛みが誘発される…」

上記のような悪循環を、一旦断ち切れるためです。

・整骨院に行く

筋肉をほぐしたり、骨格を整えたりすることで、坐骨神経へのストレスを軽減できます。

●安静(痛み・しびれが強い場合)

痛みが出る動作を避けて、なるべく安静にしてください。
お尻や腰部を温め、血行を促進することで、症状が緩和することがあります。

●歩く(痛みが弱い場合)

痛みが落ち着いている場合、しっかり歩くようにしましょう。
しかし、「ガニ股」「すり足」で歩いていると、お尻や腰部の緊張が強まりやすくなります。

歩行時には、次のポイントを意識してください。

・顔は前に向ける
・つま先と膝を、進行方向に向ける
・かかとから着地して、母趾球で蹴るようにする

 

【坐骨神経痛の予防法】

 

●足を組まないようにする

骨盤のゆがみによって、坐骨神経に圧迫や牽引が働く場合があります。
「足を組まないこと」をはじめ、次のポイントに気を付けましょう。

・左右バランスよく荷重をかけて立つ(片足に体重をかけて立たない)
・カバンは左右の腕でバランスよく持つ、リュックサックにする(同じ腕でばかりカバンを持たない)
・背もたれに深く腰掛け、背中を伸ばして座る(椅子に浅く腰掛けて、背もたれに寄りかからない)
・なるべく椅子に座る(床に横座りやアヒル座りをしない)

などが挙げられます。

●長時間の同一姿勢を避ける

同じ姿勢が続くと、腰部やお尻の筋肉が硬くなってきます。
1時間を目安に5〜10分の休憩を入れ、軽く歩く、ストレッチや体操をするなど、こまめに身体を動かすようにしてください。

●しっかり身体を動かすようにする

症状が出た時だけではなく、普段より運動を継続しましょう。
お手軽な運動としては、ウォーキングがおすすめです。

やや大股で、毎日20〜30分歩く時間を作りましょう。

●お尻のセルフマッサージ

仰向けに寝ます。
お尻の下にテニスボールを置き、体重を使ってお尻の筋肉をほぐしましょう。

GBS日暮里整骨院の【坐骨神経痛】アプローチ方法

坐骨神経は末梢神経の中で一番太くて長い神経です。
その神経は臀部の梨状筋の下を通って足まで通っています。

一般では、梨状筋が硬くなったり、腰部のズレで神経を圧迫して坐骨神経痛が起こると言われておりますが実は違います!

神経は引っ張られてしびれや痛みを起こるのです。

これは神経が圧迫されることでもとにいた場所からその神経が動かされて引っ張られる力が働きしびれや痛みを起こします。

当院では、神経を引っ張っている筋肉や骨のズレを特定して施術しています。
骨盤が原因であることが多いので骨盤矯正または、保険施術がおすすめです。

著者 Writer

著者画像
院長:富田成彦(トミタナルヒコ)
【所有資格】 柔道整復師 KATs‘Proトレーナー
【血液型】 A型
【出身】 福岡県福岡市
【趣味】 ラーメン巡り
【得意な施術】 首の施術、手の施術

▼ご来院される患者様へ一言
痛みのない生活が送れるように全力でサポートいたします!
 
   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:GBS日暮里整骨院
住所〒116-0013 東京都荒川区西日暮里2-30-1
最寄:JR日暮里駅より徒歩約5分
駐車場:なし
                                                                   
受付時間
9:00〜
12:20
9:00〜
14:00
- 9:00〜
14:00
15:00〜
19:20
- - -
定休日:日曜日

【公式】GBS日暮里整骨院 公式SNSアカウント GBS日暮里整骨院ではInstagram・LINEを運用中!

【公式】GBS日暮里整骨院 公式SNSアカウント GBS日暮里整骨院ではInstagram・LINEを運用中!

【公式】GBS日暮里整骨院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中