• カレンダーのアイコン ご予約はこちら
  • 電話のアイコン 03-3803-3343

肩こりでお悩みの方へ

  肩こりでよくあるお悩み

  • 慢性的な肩こり
    を改善したい

  • 頭痛や吐き気を
    伴うことがある

  • 肩こりに対して
    諦めかけている

  • 改善方法を
    知りたい

肩こりの改善を諦めてはいませんか?

スマホやパソコンの影響で、現代は肩こりになりやすい環境と言えます。
マッサージを受けても一時しのぎにしかならず、
改善を諦めている方もいるのではないでしょうか?

 

肩がこるのは、生活習慣の影響が大きくなっています。
ご自身の生活を見直して、肩こりの根本改善を目指していきましょう。

 

こちらのページでは、肩こりの原因や簡単に行えるセルフケアをご紹介しています。

肩こりにおすすめのメニュー Recommend Menu

肩こりの原因は何があるのでしょうか?

肩を揉んだり、たたいたりしても、こり感がなかなか解消しない方は多いのではないでしょうか?
肩こりの根本改善を目指すには、普段の姿勢や生活習慣まで見直す必要があるのです。

こちらでは、肩こりになる主な原因や放置するデメリットをご紹介しています。
ご自身に当てはまる項目がないか、一度確認してみてください。

 

【肩こりの主な原因】

 

肩こりの主な原因には、「首や肩まわりの筋緊張」が挙げられます。
※当院では、肩よりも首のこりが原因であると考えています。

筋肉が硬くなることで、血管や神経が圧迫され、こり感、重だるさ、鈍痛などを生じてしまうのです。
日常で首の緊張が強まるのは、次のような要因が挙げられます。

●ストレートネック

頚椎は本来、前側に軽くカーブしています。
彎曲によって重たい頭を頚椎で支え、首の負担を緩和しているのです。

しかしストレートネックでは、頚椎の彎曲がなくなっています。
そのため、首まわりの筋肉に負担がかかり、肩こりに繋がりやすくなっているのです。

日常生活での姿勢不良(猫背)が、ストレートネックになる主な原因に挙げられます。

・スマホの操作
・パソコン作業
・車の運転

上記のようなシーンで背中が丸まり、顔や顎が前に出やすくなっています。

●長時間の同一姿勢

長時間身体を動かさないと、筋緊張が強まりやすくなります。
姿勢を維持するため、筋肉が収縮し続けるためです。

休憩を入れずにデスクワーク立ち仕事などしていると、同じ姿勢が続きやすくなります。

●運動不足

運動不足では代謝が低下するため、こり感の原因となる老廃物が肩まわりに蓄積しやすくなります。

●筋力の低下

筋力が低下すると骨格を支えられず、猫背に繋がりやすくなります。
特に体幹のインナーマッスル(腸腰筋)や背部の筋力が低下すると、姿勢が前かがみになりやすいです。

 

【肩こりの主な症状】

 

肩こりの主な症状には、首から肩にかけてのハリ感、こり感、重だるさなどが挙げられます。
また肩こりを放置すると、次のような不調を起こす可能性があります。

●頭痛

頸部の緊張が強まり、後頭部の神経(大後頭神経)が圧迫されると、頭痛が引き起こされることがあります。

●手のしびれ・冷え

首の緊張により血管や神経が圧迫され、手の冷え、しびれに繋がることがあります。
特に首の前側から鎖骨下、胸のあたりには、腕や指先にかけての主要な神経や血管が走行しています。

●四十肩・五十肩

肩まわりの血行不良は、四十肩・五十肩の原因の一つに考えられています。

●自律神経症状

頸部の緊張で自律神経が刺激され、交感神経が過剰に興奮することがあります。
自律神経は内臓や全身の機能を調整しているため、与える影響は幅広くなっています。

・イライラ
・情緒不安定
・不眠
・めまい
・吐き気
・下痢、便秘
・生理不順

など、精神面・肉体面の不調をきたすおそれがあります。

簡単にできる肩こりの改善・予防法

肩こりは主に、「首まわりの緊張」「血行不良」から引き起こされると考えられます。

原因を考慮に入れ、こちらでは具体的な肩こり対策をご紹介します。
ストレッチや運動、姿勢の改善など、できるものからぜひ日常に取り入れてみてください。

 

【自分で行える肩こりの対処法】

 

●運動する

肩甲骨まわりを中心に、硬くなった筋肉をしっかりと動かすようにしましょう。

好きな運動で構いませんが、ヨガの「キャットアンドカウ」の動きがおすすめです。

1.四つん這いになります
2.頭を下げ、ヘソを見るようにして背中を丸めます
3.顔を上げて、肩甲骨を内側に寄せるようにし、腰も反らせます

2.3の動きを各々30秒ずつ、3セットを目安に繰り返しましょう。
息は止めず、ゆっくり呼吸をしながら行うようにしてください。

その他にも、軽いジョギングウォーキング水泳のクロールなども肩まわりの血行を促す運動に挙げられます。

●指・腕のストレッチ

腕の疲労から、首肩の緊張に繋がっている場合があります。
特にデスクワークやスマホの操作、家事、育児などで手を使っている方は、指や腕を重点的にストレッチしましょう。

・指のストレッチ

各指を反らす方向にゆっくりとストレッチしていきます。
また手首を反らすストレッチも、肩こりに有効です。

・腕のストレッチ

椅子に座り、片腕を後方に伸ばします。
その状態で、肘は伸ばしたまま、手首を内側、外側に最大限捻ると、上腕の筋肉がストレッチされます。

背中が丸まらないよう気をつけてください。

 

【日常で行える肩こりの予防方法】

 

●姿勢の改善

普段より、猫背にならないように気をつけましょう。
デスクワークでは、次のポイントを意識してみてください。

・背もたれまで深く腰かける(浅く腰かけ、足を前に投げ出さない)
・坐骨でしっかり座るようにする(尾骨で座らない)
・顎を軽く引いて、背中を伸ばす

また、姿勢が崩れないように、椅子や机の高さも調整しましょう。

・足裏全体がつき、太ももと床が水平になる椅子の高さ
・肘が90度でキーボード操作ができる、机の高さ、椅子と机との距離
・正面よりやや下を向いて作業ができる、画面の角度

上記の点に気をつけると、楽な姿勢でパソコン作業が行えます。

●ストレッチ

こりを感じた時だけではなく、普段よりストレッチで筋肉を柔らかくしておきましょう。
背中を伸ばしやすいよう、胸の筋肉のストレッチが有効です。

背中側で手のひらを上にして指を組みます。
頭を後ろに倒し、息を吐きながらゆっくりと両腕を後ろに引いていきます。

30秒ほどかけて伸ばすようにしてください。

その他、頭を横に倒して、首から肩にかけての筋肉をストレッチする方法もあります。

●入浴

肩こりのある方は、シャワーではなく、なるべく湯船に浸かった入浴をしましょう。

身体を温めることで、血行が促進されます。
リラックスできるよう、少しぬるめのお湯にじっくり浸かることをおすすめします。

GBS日暮里整骨院の【肩こり】アプローチ方法

そもそも肩こりという言葉はなく、肩関節がこるとは言いません。
いわゆる肩こりと言われている場所は実は首になります。

なぜならここの筋肉は首につながっているからです。

首と筋膜でつながっているところは、肩甲骨や腕や手もありますのでそこから施術していきます。

ピンポイント施術コースがおすすめです。
1度ご相談ください。

著者 Writer

著者画像
院長:富田成彦(トミタナルヒコ)
【所有資格】 柔道整復師 KATs‘Proトレーナー
【血液型】 A型
【出身】 福岡県福岡市
【趣味】 ラーメン巡り
【得意な施術】 首の施術、手の施術

▼ご来院される患者様へ一言
痛みのない生活が送れるように全力でサポートいたします!
 
   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:GBS日暮里整骨院
住所〒116-0013 東京都荒川区西日暮里2-30-1
最寄:JR日暮里駅より徒歩約5分
駐車場:なし
                                                                   
受付時間
9:00〜
12:20
9:00〜
14:00
- 9:00〜
14:00
15:00〜
19:20
- - -
定休日:日曜日

【公式】GBS日暮里整骨院 公式SNSアカウント GBS日暮里整骨院ではInstagram・LINEを運用中!

【公式】GBS日暮里整骨院 公式SNSアカウント GBS日暮里整骨院ではInstagram・LINEを運用中!

【公式】GBS日暮里整骨院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中